◎はこどけい のつくり方-印刷篇
ダンボールの時計 | はこどけいのつくり方表紙
1.デザインを決めて、元になる版をパソコンで作る。

◎まず最初にすることはデザインを決めることです。今回は六角のデザインが時計に合うということで雪の結晶にしてみました。一色だと寂しいのでをポイントで入れています。

◎ダンボールの抜き型に合わせて版をパソコンで作り、プリントアウトします。
鳥は色違いなので別の版にする必要がありますが、今回はスクリーン節約の為、同じ版をひっくり返して使うことにして、1枚の中に両方入れています。

紙の時計 | はこどけいの版
2.フレームにスクリーンを張る

◎次に、シルク印刷器(Tシャツくんという商品で大きなプリントゴッコみたいなもの)の版を作ります。まず、フレームに、スクリーン(感光材が塗ってある布)を張ります。

Tシャツくん | はこどけいのスクリーンの張り方
3.ランプボックスで版を感光させる

◎プリントした版下原稿をスプレーボンドでスクリーンに貼付けます。ライトボックス(紫外線ライトが入っています)にそれをセットして、スポンジマットで密着させ、感光させます。
タイマーが切れたら取り出して版面を刷毛で水洗いします。これでシルク印刷用の版の完成です。

Tシャツくん | はこどけいのシルク印刷の版
4.印刷するダンボールの用意

◎ダンボールの打抜きを依頼している『アースダンボール』さんからは板のままで送られてきますのでそれを抜き取ってそれぞれのパーツに分けます。

はこどけい | ダンボールの抜き取りの画像
5.シルク印刷器でダンボールに印刷する

◎『TシャツくんProスクリーン印刷機』というシルク印刷機を使ってダンボールに印刷します。細かい位置合わせができるので「はこどけい」の印刷にはなくてはならない印刷機です。
刷るのにはちょっとコツがいります。インクが乾かないうちにまとめて刷ります。

Tシャツくん | はこどけいのシルク印刷の仕方